【花とゆめ】暁のヨナ238話 ネタバレ感想/花とゆめ4号2023年2月3日

花とゆめ
スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

暁のヨナ238話

花とゆめ5号
2023年3月3日発売
暁のヨナのネタバレあり感想

ネタバレあるので閲覧注意です。

ヴァルどうなった…?


暁のヨナ237話はこちら

次回239話はこちら
※3月5日更新


花とゆめの購読はDMMブックスがお得です↓

最初に

まず最初に















今回面白かった。
(拍手)

ヨナとカジ

ドロモスに捕まるヨナとカジ。

カジせっかく脱出したのに
捕まるの早すぎてわろた。
(もうちょいヨナカジを堪能したかった)

四龍たち(キジャ除く)

無事で良かったです。

メイニャンに油断して飛びついた
ジェハがゼノに叱られているのが面白かった。

そりゃメイニャンいたら飛びつくわ。



そしてついにチャゴルと四龍たち、ご対面。

そこにヨナも合流。




当たり前なんだが
カジいないじゃん。





せっかくカジの出番増えるかと思ったが
もう退場!?嘘ですよね

次回からめちゃくちゃ暴れてくれて
メイニャンとヴァルと会ってくれないと泣く。



まだ何もできていないぞカジ。

チャゴルの考え

チャゴルのしたいことが分かりました。

つまりヨナや四龍たちを
処刑して高華国民とスウォンの士気を下げて
攻め落とすと。

まぁ緋龍城燃やしてますし
士気下げる作戦が得意な人なんでしょうね。

びっくりはしません。


この考えを聞いたジェハ、シンア、ゼノの顔が見応えありました。

3人とも反応が違って…

とくにシンアの描き込まれ方が凄かった。

ゼノは長い年月生きてて
劇的な感情が表に出てこない人だから
そこまで切羽詰まった表情じゃないのかなと思った。

連れて行くときに
何かしたら許さない。と
言ったのもシンアで感動しちゃった。

シンアとヨナのエピソード
めちゃくちゃ好きでした。
思い出しましたね。

シンアを洞窟から出してくれた
太陽みたいな人だもんね、ヨナ。

チャゴル、分かってない

チャゴル、メイニャン、ヨナの
三人がいる天幕の中地獄すぎない???

ヨナは人質になると言い、
その自己犠牲を把握したチャゴルは

ヨナのことをか弱い小娘だと思っていますね。

緋龍王伝説もおとぎ話の世界であって
信じていないのが分かります。

処刑台

びっくりした。











こんなんハク見たら
世界滅ぼすぞ。








見てなくて良かった。
(キジャ無事そうでなにより)

メイニャンとドロモス

今回の一番面白かった所。


起承転結の転って面白いな、やっぱり。
(どうか転であってくれ)





処刑されかけのヨナをかばったメイニャン

ユンが悲しむから
私なんて生きている意味ない




って言うメイニャンに
ちょっとうるっとした。


メイニャンを取り戻すために
どれだけの人が動いているか
ヴァルがどうなっているか

メイニャンはまだ分からない。


生きている意味をいつか見つけてくれたらいいな。




ていうか
はよヴァルさん来てください。

いつまでヒッタンと戦ってるんだ。

くそったれ

くそったれのページ、最高でした。



ここのチャゴルの表情どういうこと??


え、ちょっと傷ついてるの???

それともメイニャンが元気になって嬉しい??


最後ヒヤヒヤしたけど
ドロモスが入れ替わってて良かった…
(特大ネタバレだから人物は伏せる)

いや、いつの間に入れ替わってたんだろう。

天幕にいたのかな?
ヨナを「動くな」って止めてるやつとか。

最後に

最後のページ、
アオリ入れた人だれ??
(アオリっていうのか分からないけど)









ー守られるだけの姫なんて
とうの昔に止めているーー








かっこいい。




ハクや四龍が動けなくても
ここまで戦えるようになったんだなと
しみじみ思った今号でした。


今までの縁が繋がって返ってくるのは
どの漫画でも面白い展開ですよね。

次回は3月3日だそうです!
一ヶ月後ってどういうこと。
(白目)

プロフ
にゃんた

乙女ゲー(Switch)/少女漫画(花とゆめlalaなど)/読書(年間100冊)好きな管理人が気持ちを吐き出すために作られたブログになります。

にゃんたをフォローする
花とゆめ
スポンサーリンク
にゃんたの本棚
タイトルとURLをコピーしました