ビルシャナ戦姫〜源平飛花夢想〜源頼朝 ネタバレあり個別感想

ビルシャナ戦姫
ビルシャナ戦姫
スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

はじめに

ついに四人目。

源頼朝お兄ちゃん!!!

どんなシナリオなのかドッキドキでした。
他ルートでは合戦くらいしか交流がなくて、

どういった人なのか謎です。

以下よりネタバレありますお気をつけください〜

引用 ビルシャナ戦姫
公式HP:https://www.otomate.jp/birushana/

恋愛できる??

いきなりですが




恋愛できる気がしない


いつも仏頂面で
感情の起伏まったくないし

義経に対しても何に対しても冷静。

むしろやや冷たく感じることもある。




お兄ちゃんと
恋愛できる??????
(再確認)



というやや不安なスタートでした。笑

義経に褒美あげたがる

当たり前なんですけど
頼朝ルートは戦がメインで話が進んでいくため
義経が酷使されます。

頼朝も前線で一緒に戦うと言い出したときは
さすがにびっくりしました。

他のルートだと
絶対ありえないじゃないですか。

ルート序盤から
義経のことが色々と気になるんだなと思いました。

からの頼朝お兄ちゃん。


やたらと褒美与えたがる。


何かしら争いが終わるたびに




褒美与えたがる。


アメとムチてきな…??

純粋な優しさだけじゃないんですよ。

春玄は覚醒している義経止めろ言うてんのに
敵倒しているからいいやろ。
みたいなドライさもあり…

かと思えば


高綱に何か頼んでたよね??
やっぱり欲しい物あるじゃん
何が欲しいの?
(こんなフランクじゃないです)



って聞いちゃう頼朝さん可愛い。


貝殻の首飾りをプレゼントするシーンに
繋がるわけですが、




このスチルの頼朝さん
顔面偏差値高くない????





家族愛か男女の愛か

義経にとって頼朝は兄。

頼朝に後白河法皇から縁談の話があり、
義経は分かりやすく傷ついています。

しかしそれは
「自分以外の人との家族が増える」という懸念…と。


お兄ちゃん結婚しちゃいや!っていう感じに
解釈されちゃいました。

この気持ちが男性に対する愛だとは気づいてない様子。

なるほどな、と思いました。

兄が結婚したらどう思うか?寂しいか?
って忠信に聞くのは面白かった。

いや、聞く相手間違っていると思う。笑

頼朝の闇と義経の正体

常盤御前から義経??私の産んだ子じゃないよ
の暴露があり、なんとも言えない頼朝さん。

そしてここで
頼朝の過去が語られます。

深手を負った兄を自ら手をかけるよう
父に言われ、実行する頼朝…



さらに父ともう1人の兄も手をかけるしかなく…




特大闇爆弾




義経が「呪縛」と表現していたのに納得した。




このあとの抱きつくスチル
頼朝さんイケメンすぎん????




頼朝さん、立ち絵とスチル
絵にムラがある気がする。

スチルの方がイケメン度増してる。

頼朝vs知盛







最高(バンザイ)



ここでスチル入れるって
決めた人、ありがとう


頼朝も知盛も綺麗で眼福です。


嫉妬に狂った男の目って

知盛さん秒で見抜いているのさすが(拍手

ラスボス知盛

頼朝と知盛は対のような存在でしたので
知盛がラストバトルの相手なのかなと感じてはいましたが。


義経vs知盛の戦いもすごかった…!!!



いや、知盛強すぎるやろ。



そしてやたらと
義経を道連れにしようとするの怖い。


弁慶ルートといい
頼朝ルートといい



知盛やべーやつやん(ドン引き)


からのBAD ENDですよ。


パーツ奪っていくってどういうこと??????

ド変態ですやん…(100回目のドン引き)

それでも死んでほしくない、一緒にいてほしいという
頼朝には萌えましたけどね。


HAPPY END

無事に結ばれて良かった。

弟だと思っていたのに
実は他人で、しかも女で、
さらに嫁になりますって


源氏の人たち理解できるかな??


頼朝にとっては家族とは恐ろしいもので
怖くて、辛くて、
過去がどうしても消えなくて

そんな中で急に弟です!!って来たら
そりゃあの仏頂面になるよね。っていうのは分かった。

お互い意外と恋に落ちるのは早かった気がします。

気づいてなかっただけで。

序盤は知盛出てこなくて安心していましたが
後半は案の定出てきましたね。

頼朝vs知盛のシーンは短かったけど
本作品の中でもかなりお気に入りのシーンです。

これで次は最後の攻略者。
知盛です。


恐怖と不安しかありません(失礼)

読んでいただきありがとうございました〜

プロフ
にゃんた

乙女ゲー(Switch)/少女漫画(花とゆめlalaなど)/好きな管理人が気持ちを吐き出すために作られたブログになります。

にゃんたをフォローする
スポンサーリンク
にゃんたの本棚
タイトルとURLをコピーしました