ピオフィオーレの晩鐘-Episode 1926- ギルバート ネタバレあり感想

ピオフィオーレの晩鐘
スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

はじめに

ついに始まりました。

ピオフィ1926。

攻略の順番は結構悩みました。

色々調べて考えた結果、
ricordと反対の順番でクリアしていく作戦にします。
(ただし正ヒロイン(?)のダンテは一番最後にします)

というわけで
まずは男の中の男。

ギルバートさんから攻略していきます。


個別√と大団円後の2種類を
このページで書いていくので
またこりゃボリューミーな予感しかしませんが
頑張ります。

『格好いい』を
存分に堪能させてくれ

以下、ネタバレあります。

他√のネタバレはありません。

-BURLONE-

ユージーン

リリィは教会とヴィスコンティを行き来している。
ヴィスコンティでオリヴァーから会計を学んでいる。
最近ストラノで殺しが増えているため心配なギル。
リリィの前に謎の男、ユージーンが登場する。






こりゃまたろくでもなさそうな父親でてきた。

さっそくギルに取引持ちかけてたけど
胡散臭すぎてちょっと面白い。

ニコラの墓荒らされたり
(ギルルート、ニコラいないの悲しい)

ソフィアが襲われたり


当たり前だけど不穏だなぁ。
このゲーム。


でもオルロックがまだ傍にいてくれてたんですね。

ヨゼフからはリリィは鍵の乙女ではないため
守らなくていいと言われますが、
少し納得がいっていない様子に萌えました。

オルロックが元気ならもうなんでもいいよ
(これギルのルートか)

お風呂で不穏を緩和させる作戦ですか?






何なんこのお風呂スチル。





ピオフィ史上最も肌色多くない?
本編が甘さ控えめだったから
サービスしてくれているんだろうか…

他ルートもこんな甘々なんだろうか…


「最後まで責任とる」


てどういうこと。お風呂の最後までってどこまでですか。



話はあまりにも不穏だけど
サービス多くて嬉しいです(正直)




さっそく
老鼠の幹部、が楊を狙いに来ているとかいう

老鼠のやばい奴が一人増えた情報もありました。



老鼠はどうせみんなやばいから
もう老鼠でどうにかしてくれ頼む。



老鼠は取引先も潰されて
このままだと破綻しそうだとリーが心配します。
構成員も殺されており、



楊「みんな不安だよな」※

※私の個人的解釈です

とのことで、







楊、動きます。



(これギルルートなんだよなぁ)

ギルへの感想がなかなか出てこない。
周りが騒々しいため。笑

私と袁の初対面


ヴィスコンティにいきなり登場した袁

お上品な白い中華衣装だなぁ〜
どんな人なのかなぁ〜

と、のんきに進めいていたら















つつつつつ





津田健次郎!?!?



まじかよ
やりやがったな製作者



ピオフィはまったく前情報見てなかったので
ここで声聞いてびっくりしました。





楊の上司ということで
大物感を出さなくちゃ説得力ないのは想像できますが




CV:津田の上司はやばいでしょ

この人やばいでしょ






覇気だけで人殺しそうなんですけど


(滅びのバーストストリーム撃ってきそう)



ギルと袁の会話の緊張感がすごい。

もういつ殺し合い始めるかドッキドキで進めてたけど
勢い余って袁に気に入られてしまっているギル。





帰り際の二人の会話



袁「紅茶に毒入れてないよね」

ギル「部下が入れ忘れたんだろうな、

後で叱っておく」

袁「身体が毒に慣れているから
次は多めに頼むよ。」








ギルだから成立する
高度なやり取り最高すぎる。

やっとギル√の
実感が出てきたーー!!!

シカゴへ行くか

前作からも少し話が出ていた
アメリカ進出計画が本格的になっていました。

マフィアの締め付けが強く
ギルもいつ逮捕されるか余談を許さない状態です。

リリィはもちろんついていくとは思いますが
さすがに生まれ育ったところを離れることに対して
寂しさがあるようでした。

その中で印象的だったのが




エレナ
「マフィアと一緒とか怖くない??」




リリィ
「置いていかれるほうが怖いわ」



これはギルに対して
信頼があるからこその言葉ですよね。


楊√も「ついていく」って感じがするけど
あれは「ついていくしかない」であって、
ギル√とは全然違う。

ギルさんかっこええなぁ

津田さん怖いよお

あっという間にラストバトル。

まさかのジャックがギルの義兄弟だと判明する。
(母親違い)

これはさすがに分からなかった…

袁がいて緊迫した状況なのに
家族喧嘩が始まりそこまでピリピリしないという
ピオフィらしからぬいい雰囲気です(違う


ここの袁とリリィとギルのスチルかっこよかった…

この後のギル、ダンテ、楊の会合
袁と楊の会話の緊張感が凄かった。

もうこれ楊√ずっとピリピリしてそう
絶対やばそう

ギル√は問題ごと多いけど本当に平和だな


袁とギルの舌戦もとてもかっこよかった。
アメリカでもっとデカくなるから、
未来の俺に期待しろ

って言ってるだけなのに
袁を納得させ帰らせるの強すぎる。

CV:森久保さんがノリノリなのが本当に面白い。
絶対ここの収録楽しんでただろうなぁ〜

ギル役はドンピシャでしたね。キャストした人ありがとう。



とかのんきに進めてたら

オルロックしんだ






情緒しんだ

なんでギル√でもこんな仕打ち

TRUE END

ギルは無事にアメリカへ

ジャックはアメリカの組織を抜けてドイツへ

ダンテはブルローネに留まる

楊は六凰会との抗争を避けるために
ギルが支援してルーマニアへ潜伏することに







ちゃんと楊のアフターケアしたの偉い




ギル√終わっちゃたけど
甘さを楽しむのではなく
映画を見ているような気分でした

おかげでギル自身の感想が少なかったです。

ギルは思考も行動も一貫しているし
平常運転がばくれつイケメンなんで
いちいち感想が出てこないんですよね。

BAD END

ジャックがユージーンを殺し、
袁がジャックを始末する。

ギル・ダンテ・フェイ・ランvs袁
(4人がかりて)

リリィは袁が投げた剣を避けて頭を打ち
記憶喪失に…

ギルはシカゴ行きを見送り
袁を倒したことで六凰会からの
報復が遠からずあるだろうという…



リリィのために夢を諦めるギル。


ここで無印ピオフィの
ギルとリリィの出会いの回想が
入ったのが胸熱でした


でもまたリリィはギルのことを
好きになりそうな気がする。

まだギルの夢は完全に終わってはないと思う。

-ALTERNATIVA-

ギル√はロベルトの登場が多かったです。

本編でも仲良かったですもんね。
彼の番外編的な過去の話も聞けました。

無印ピオフィのニコラ√で
ドン引きしてしまいましたが
ギル√の彼はどうして攻略できないんだ

ってくらいいい人ですね。

冷静に見たら顔も綺麗です。


ギルはラストのスチルが好きです。

日常がリアルに感じれるところが特にお気に入り。

年上イケメン彼氏感出したら
ギルが最強ですね。

最後に

一人目にクリアしたギルバートさん。










あ、これFDじゃないんだな




と理解しました。




続編なので甘さ少なめ
でもシナリオは最高でした。


ギルバートは相変わらずかっこよかった。

こういう大人のかっこよさ全振りの
乙女ゲーもいいなって思う。

1926では袁という強敵も出てきたけど

ギルとの会話もとても楽しめた。

最初にギルを攻略してよかったなと思いました。

男前のギルさんでした

タイトルとURLをコピーしました