十三支演義ー偃月三国伝ー1 全体感想(ネタバレなし)攻略順

十三支演義
スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

評価(ネタバレなし)

総合評価 :.5/10

ストーリー:7/10
ボリューム:7/10
糖度   :7/10
スチル  :9/10
操作性   :9/10
音楽   :7/10

続編:十三支演義2の全体感想

評価について

ビルシャナ戦姫と同じ、RED×オトメイトということで
どうしてもそこと比較していまいますね。
ストーリー展開はやはり面白くて買ってよかったと思いました。

良かった点

  • ストーリー
    意外性があり、ダレることもなく
    あっという間にフルコンできました。
    疾走感が凄くて、
    三国志の知識と合わせて
    あのキャラがこうなるのか…と
    楽しむことができました。


    曹操√がぶっ飛んでて
    面白すぎた。



    推しではないがシナリオが面白くて
    それだけでも買ってよかったなと
    思いました。

  • 糖度
    ビルシャナより糖度は低いと思いました。
    でもちょうどいい塩梅だったと思います。

  • スチル
    11年前の作品とは思えないくらい
    綺麗です。
    スチルの枚数も多くて楽しめました。

評価が下がった点

  • シナリオの大筋がほぼ同じ
    趙雲、張遼、曹操を除いて
    他キャラは大筋がほぼ同じでした。
    既読スキップしたらもう8章ぐらいまでいってしまいます。

    戦の流れ、大筋も同じなので似たような文章を読むことになります。

    恋愛として盛り上がってくるのも8章ぐらいで、ストーリーの終盤なのも気になりました。

私の攻略順

張飛→夏侯惇→張遼→曹操→趙雲→劉備

この順番でクリアしました。

みんな特色が違うので、
とても楽しんで進めることができました。

ポイントは夏侯惇と曹操の間に
張遼を挟んだこと。
魏が続くとやかましいかなって思って
張遼入れたんですが正解でした。笑

劉備だけは最後をオススメします。

曹操はシナリオのインパクトが強いので
終盤のほうが映えそうです。

ミニ個別キャラ感想

  • 劉備
    なんで石田彰なん?
    →終盤で理解する。
    ネタバレなしだと何も書けない。
    よく石田彰にショタさせたな。笑

  • 趙雲
    スパダリ枠かなと思ったけどそうでもなく
    ちゃんと人間味があって面白かった。
    すごく乙女ゲーっぽかった。
    ナチュラルに入り込んでくるやばい男。

  • 張飛
    声が高い岡本さんだぁ…と
    思いながらプレイ。
    趙雲に全部持っていかれるのが
    面白かった。

  • 夏侯惇
    この人も乙女ゲー。って感じだった。
    「女ぁ!!」が結構好き。笑
    ビルシャナ教経推しだが
    夏侯惇は刺さらなかった。
    教経はなんやかんや
    超名家のお坊ちゃまで
    品が良かったな、と認識した。

  • 曹操
    シナリオ考えた人色々やゔぁい。
    (褒めてる)
    前情報知らず進めていたら後半びびった。
    推しではないが一番ストーリー面白かった。

  • 張遼
    一番気になっていた人。
    今作の一番の推しになりました。
    呂布の側近という時点で色々お察しだった。

最後に

声優さん豪華だよね。

登場キャラクターも多くて、声優国宝のようなゲームでした。

RED制作ということで相変わらず内容ぶっ飛んでたけど本当に面白いと思った。

それでは十三支演義2へいきたいと思います。

張遼みたいな男に弱いです

プロフ
にゃんた

乙女ゲー(Switch)/少女漫画(花とゆめlalaなど)/読書(年間100冊)好きな管理人が気持ちを吐き出すために作られたブログになります。

にゃんたをフォローする
十三支演義
スポンサーリンク
にゃんたの本棚
タイトルとURLをコピーしました